健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

卵アレルギーの人が、のんではいけない薬について

   

四角卵アレルギー(卵白アレルギー)の人が飲んではいけない薬があります たまごたまごたまごたまご
炎症を抑え、膿や痰を排出するという作用のある薬、「リゾチーム塩酸塩」です
腫れを鎮め、痰を出しやすくする消炎酵素剤として、感冒薬などに配合されています
その他、慢性副鼻腔炎の腫脹の緩解は排膿、気管支炎や気管支喘息の喀痰喀出困難時などに。


塩化リゾチームや、塩化リゾチームの入っている市販薬などは、飲まないようにしましょう
(最近では、ほとんど病院でも処方されることが、少なくなっていますが・・・)

禁忌の薬
---アクディーム錠 (リゾチーム塩酸塩)酵素製剤
---ノイチーム錠
(リゾチーム塩酸塩)酵素製剤
---レフトーゼ錠 (リゾチーム塩酸塩)酵素製剤
---エリチーム錠 (リゾチーム塩酸塩)酵素製剤
---ムコゾーム点眼 (リゾチーム塩酸塩)酵素製剤
その他、慎重投与のもの
---インフルエンザHAワクチン製剤---ビケンHA」 「フルービックHA」
 (卵が原因で、アナフィラキシーショックを起こしたことがある場合は、接種を見合わせるか、医師の判断によります。)
 


※その他・・・
卵アレルギーのアレルゲンは、卵白です
「オボアルブミン」「リゾチーム」「オボムコイド」など。

アレルゲン「オボアルブミン」
などが、カラダの中に入ってくると、カラダはそれを、排除しようとします
体が過剰に反応すると、ヒスタミンという物質ができます
そのヒスタミンが、鼻水・目のかゆみ・発疹・ジンマシンなどの症状を引き起こします

血圧低下・呼吸困難・意識混濁など、アナフィラキシーショックが、起こる場合もあります。

食物アレルギーとは、原因となる食物を摂取した後に、生体にとって不利益な反応を引き起こすことです

※卵アレルギーの食事治療は、原因物質の除去です
アレルギー物質を省いた料理のことを除去食と呼びます
医師の指導のもとに、完全に卵の入っていない、除去食を試してみましょう

※乳幼児・幼児では、鶏卵・牛乳・卵や牛乳の成分から作られている薬剤が原因となることが多いです
青年期では、卵・牛乳が少なく、エビ・カニ・タコ・イカ・小麦・米・キュウイフルーツ・バナナ・もも・りんご・柑橘類(オレンジ)などの果物・魚介類(いくら・サケ・サバ)・牛肉・鶏肉・豚肉・ピーナツ・アーモンド・落花生・くるみなどのナッツ類・ゼラチンなどが、主なアレルギー原となることが多いです

※食物アレルギーは、酵素不全による不耐症であるものと、その食品に含まれている混合物質の薬理作用による場合とがあります

食物アレルギーは乳幼時期に多く、加齢とともに原因食物を摂取しても症状が出なくなる事が多いです
米・小麦・大豆は、3才頃までに、耐性が獲得されることが多いですが、卵・牛乳は小学校の低学年くらいまで、アレルゲンとなります
しかし、9才くらいには、8割の方が、耐性を獲得し、軽快していきます ネコ
ナッツ類や魚介類・果物は、耐性を獲得しにくく、ソバによるアナフィラキシーは、注意です

※食物アレルギーの検査は、一般的に血液検査が行われます
血液検査により、まずアレルギー物質を特定します
アレルギー物質とレベルが分かったら、次に、どのくらいの期間そのアレルギー物質を抜いた除去食をしなければいけないのかを小児科医師等と相談しましょう
 

お薬・・・(卵アレルギー) | permalink | comments(0) | - | -