健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

アレルギーの血液検査について・・

   

アレルギーの血液検査は、してもらえるのでしょうか?
耳鼻咽喉科クリニックでは、花粉症のアレルゲンとなる主な、項目、数種類の検査を、医師の指示のもとにさせていただいています。

アレルギー検査というのは、IGE-RAST検査のことで、血液中のアレルゲンごとの  IGE抗体の量をはかるものです。
特異的IGE検査といいます。
アレルゲン (項目) スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ハウスダスト・ダニ・アスペルギルス(カビ)・・・

その他、ペットとして、飼っている犬やネコのフケに、アレルギーがある可能性のある場合に、犬上皮・猫フケを、しらべます。

アレルギー症状をおこす原因というのは、多くありすぎて、費用もかかり、検査項目にも、限りがあり、一度の血液検査のみで、判断をするのは、難しいようです。
検査で、マイナスとなっても、症状と一致しない場合もあります。

耳鼻咽喉科での、花粉症のアレルゲン検査について〜

花粉症の時期に、アレルギーの血液検査を希望される方が、多いのですが、2〜3月に、くしゃみ・鼻水などのアレルギー鼻炎様の症状があれば、まず、スギ(+)、4月にも、続くようなら、ヒノキ(+)陽性と、考えます。

初夏の頃に、症状があれば、カモガヤなどクサ・雑草の花粉のアレルギーが、陽性(+)と、いうことです。
年中、症状がある場合は、ハウスダスト・ダニと、考えます。
花粉症の場合は、アレルギー症状が出る季節によって、推測が可能な場合が多く、血液検査をする必要もどうかと、考えています。
検査をしたからといって、治療がかわるわけでは、ありません。

それでも、くわしい検査の希望をされる場合は、アレルギーに関しては、アレルギー科、皮膚科、又は、内科を、受診されますように、おすすめしています。

黄砂などを吸い込んだ場合、アレルギーの症状を悪化させることはあっても、タンパク質ではないために、アレルゲンには、ならないようです。

毎年、春先から、花粉症のかたには、つらい季節が続きますね。
できるだけ、薬などに頼らず、生活習慣や食生活の見直しなどから、始めたいとも思います・・・
----------------------------------
血液一般検査(血液像・アレルゲンの検査など)は、翌日結果が出ます。
耳などの細菌培養検査の場合は、菌を培養しますので、3〜4日から、1週間ほどかかります。

花粉症・・・(アレルギーの血液検査) | permalink | comments(0) | - | -