健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

滲出性中耳炎って、どんな中耳炎ですか?

   

 滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥の中耳というところに、液体や粘液がたまってしまう中耳炎のことです。
中耳の粘膜から浸み出した液体や粘液が、たまったもので、急性中耳炎から引き続いて、起こることが多い合併症です。


はな症状としては、耳閉感(耳の詰まったような感じ)と難聴(耳のきこえづらさ)です。
耳管の働きが悪いため、中耳の炎症が治まった後も、中耳に溜まった粘液が排泄されずに、貯留している状態です。

耳小骨のある中耳腔というところは、耳管という管で 耳管開口部という出口で、鼻の奥とつながっています。
普通は、耳管は、中耳腔の換気と粘液や液体の排泄をおこなっています。
急性中耳炎が長引いて、中耳に浸出液がたまってしまい、抜けにくい場合に、滲出性中耳炎に移行します。
(急性副鼻腔炎などを起こすと、鼻水の細菌が耳管を伝わって、中耳腔にまで及び、中耳や耳管の粘膜の炎症をおこし、中耳に液体がたまっていくのです。)

急性中耳炎では、鼓膜の奥の中耳に 炎症を起こすため、鼓膜が破れて排膿が起こるまでは、激しい痛みや発熱がありますが、滲出性中耳炎では、痛みや発熱もおこらないことが、ほとんどです。
中耳腔に液体が溜まっているため、耳閉感や難聴が、起こります。
その他、自分の話し声が耳に響いたり、耳の中で、水の音がしたり、耳の聞こえづらさを感じます。


普通は、
耳管の働きがよければ、貯留液は、自然に耳管を通って、鼻の方へ抜けていきます。
子どもさんの場合は、耳管の形から、短くて水平に近いために、鼻の炎症が伝わりやすく、滲出性中耳炎を併発しやすいと、いえます。

急性副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎・急性咽頭喉頭炎・アデノイド肥大症などは、長引かせると、耳管開口部が狭くなり、耳管の働きに悪影響を与えて、滲出性中耳炎を 併発しやすくなります。


はな治療は、中耳にたまった浸出液や膿を、排出させることです。
よく、鼻をかむことも、大切です。
マクロライド系の薬物療法、鼻ネブライザーのほか、耳管通気療法、鼓膜切開術、鼓室内チューブ留置術などを、行うことがあります。


はな滲出性中耳炎の場合は、症状がひどいときは、プールは、控えるようにしてください。
 
プールの水には消毒液(塩素)が、含まれていますので、鼓膜や鼻の粘膜に刺激を与えて中耳炎の治りを、長引かせたり 悪化させたりする可能性があります。


滲出性中耳炎の場合の入浴は、元気があって、食欲があれば、普段普段通り、湯冷めしないように 入浴可能です。
 

耳・・・(滲出性中耳炎) | permalink | comments(0) | - | -