健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

乳児・幼児・小児って、何歳から何歳までのことなのですか?

   

★お薬の添付文書における「使用上の注意」に用いられる年齢区分の目安としては・・・

新生児
・・・生後4週間まで(出生から満28日未満)(0日〜27日)の期間です。
乳児・・・児童福祉法では、出生から満1歳未満まで (0日〜364日)を指します。
幼児・・・児童福祉法では、乳児期満了(満1歳)から学齢(7歳未満、小学校就学)(6才)まで を指します。
小児・・・・7歳から、15歳未満(14才まで)をさします。
成人・・・15歳〜65歳未満。
※15才になると、大人と同じ程度に肝機能が発達するため、大人と同量の薬をのんでもよいということになっています。

お薬と年齢区分 | permalink | comments(0) | - | -