健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

補聴器のハウリング(ピーピー音)で、お困りの方が、いらっしゃいましたら・・・

   

★耳掛け型の補聴器を、使われているかたの場合、(耳栓と外耳道が、ぴったりフィットしていないと)、ピーピー音がなって、お困りになられる事があると思います。

耳かけ型やポケット型の補聴器の耳栓の部分を  耳穴にあわせて作る、オーダーメイドの耳栓に変えて作る、イヤーモールドにすると改善されます。ブタ

イヤーモールドとは、耳の形状にあわせて作る樹脂製のオーダーメードの耳栓のことです。
既製の耳栓では、隙間ができて、ピーピーとハウリングする方や、簡単に補聴器が外れやすい方には、効果的です。

材質はプラスチック製のものから、やわらかいシリコン製のものまであります。

イヤーモールドに変えるには・・・
お住まいの市役所の福祉課にて、「医学的意見書」(耳鼻科)という用紙をもらいます。
お住まいの地域のかかりつけの耳鼻咽喉科の、特定認定医師に 判定を受け、意見書に記入をしてもらいます。

お住まいの市役所の福祉課にて、障害者手帳と印鑑を持参の上、「医学的意見書」「身体障害者診断書・意見書」を提出します。

---------------------------
<参考に〜
補聴器の種類として・・・ーあな型(耳穴の形状ときこえの程度にあわせて作成するのが、一般的)
⊆かけ型(耳にかけて使用します。操作しやすい。)
ポケット型(本体をポケットに入れ、イヤホンとコードをつないで使用。操作は比較的簡単です。)
----------------------------
ーあな型・・・※価格には、機能・材質などにより、大きく差があります。耐久年数なども、考慮して、あなたの必要度に応じて、納得のいく一品をお選びくださいね。
※価格は、すべて、片耳で、およその金額、メーカーにより 差がありますので、補聴器専門技能師に、ご相談ください。


●既製耳あな型 (およそ¥55,000〜¥80,000)
お手頃価格です。
耳栓は、既製品ですので、完全に耳の穴にフィットせず、ハウリング音や落下に注意です。
中等度難聴〜高度難聴の方には、向きません。

●オーダーメイド耳あな型(およそ¥98,000〜¥400,000)
フルサイズ型 (¥98,000〜¥400,000)・・・大きな電池は、2週間〜20日程度使用できます。ボリューム調節は、手動のものと自動調整のものがあります。
                     
カナル型 (¥100,000〜¥400,000)・・・オーダーメイト補聴器として一番人気。
装用感も自然です。
ボリューム調節は、手動のものと自動調整のものがあります。
電池1個で、1週間〜2週間程度、使用できます。

ディープカナル型 (¥150,000〜¥400,000)・・・一番小さく見えにくいタイプです。
ボリューム調整が、しにくいため、音量自動調整です。
電池1個で、約5日〜1週間程度しか持ちません。
出力が一番弱く、高度難聴者には無理・・。

⊆かけ型・・・(¥70,000〜¥400,000)
軽度の難聴の方から、かなりの高度難聴まで対応します。
メガネとの併用では、ジャマになる場合があります。
ハウリング(ピーピー音)を起こしやすく、イヤーモールド(特注耳栓)を使う必要があります。

ポケット型・・・(¥50,000〜¥70,000)
値段の割には、高出力で音質もいい。非常に高度な難聴の方におすすめです。
電池が大きいので(単三電池)、一個の電池で、約1ヶ月使用できます。

補聴器・・・(イヤーモールド) | permalink | comments(0) | - | -