健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

お薬をのむと、胃を荒らしますよね?

   

お薬を飲むと胃を荒らしますか?
胃が荒れるというしくみについて・・・
主に、鎮痛剤は 胃に影響を与えるようですが・・・
--------------------------
星テロイド性抗炎症剤 (NSAIDs)は、COX-2のみを選択的に阻害する薬剤の方が、胃粘膜障害、腎障害(腎機能の低下)、出血傾向などの副作用が少ないと考えらます。
セレコキシブ(セレコックス錠)
・エトドラク(ハイペン錠)、メロキシカム(モービック錠)etc・・・などの薬剤のことです。
〜「痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief」より・・・
---------------------------

プロスタグランジン(PG)には、色々な種類と作用があります・・・
末梢血管拡張作用・血圧低下作用・発熱と痛覚の伝達作用・血小板凝集作用・平滑筋収縮作用・子宮収縮作用・骨新生と吸収作用などです。
プロスタグランジンとは、全身の組織や器官などに認められる生理活性物質です。
このプロスタグランジン(PG)の作用によって、引き起こされる 痛みや熱や腫れなどの反応を、炎症と言います。

ネコ このプロスタグランジンの働きを押さえる薬が、非ステロイド性の消炎鎮痛剤(NSAIDs・・インドメタシン・アスピリン・ロキソニン・アセトアミノフェン・エテンザミド・イブプロフェン・イソプロピルアンチピリン etc)です。
------------------------
プロスタグランジン(PG)を合成する酵素のことを、シクロオキシゲナーゼ(COX)といいます
シクロオキシゲナーゼ(COX)の作用によって、合成されるプロスタグランジンには、いくつかの種類があり、それぞれ違った作用があります。
その中のひとつ、PGE 2には、痛みや発熱を増強させる働き があります。
PGE 1にも、痛みを増強させる働きがあります。
PGE 2やPGI 2には、血管拡張作用があり、発赤をおこし、炎症が起こります。
PGE 2やPGE1、PGI2には、痛覚閾値を低下させるので、発痛作用が増強します。
PGE 2は、視床下部の体温調節中枢に作用して、体温を上昇させ、発熱がおこります。

うさぎ これら、PGE2やPGE1の働きを押さえ、プロスタグランジンを作らないようにすることによって、鎮痛・解熱作用を得る薬を、非ステロイド性の消炎鎮痛剤(NSAIDs)といいます。
-------------------------------------
プロスタグランジン合成に作用するシクロオキシゲナーゼ(COX)には、COX-1とCOX-2があります。

COX-1という酵素は、胃粘膜・血管内皮細胞・血小板・腎臓など全身の細胞などに存在し、胃粘膜の保護(PGE2、PGI2を産生して、胃粘膜の血流を維持して、粘膜産生を増加させる)や腎血流量の増加(利尿)、血小板の凝集などに関与しています。

COX-2は、炎症細胞・・マクロファージ・好中球・線維芽細胞・滑膜細胞などに発現し、炎症反応時、過剰に産生されます。
血管新生・骨吸収・創傷治癒作用等あります。

ここで・・・星炎症反応を「起こさせる原因の、COX-2 を、押さえれば、解熱鎮痛効果のみが得られるということになります。
非ステロイド性抗炎症剤(non-steroidal anti-inflammatory drugs:NSAIDs エヌセイド)インドメタシンやアスピリンなどは、COX2だけではなく、COX1も抑えてしまいます。
そのために、副作用として、胃腸障害・腎障害(腎機能の低下)・出血傾向などが起こると考えられます。<COX-1阻害が原因>

星ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)は、COX-2のみを選択的に阻害する薬剤の方が、胃粘膜障害、腎障害(腎機能の低下)、出血傾向などの副作用が少ないと考えらます。
セレコキシブ(セレコックス錠)・エトドラク(ハイペン錠)、メロキシカム(モービック錠)etc・・・

セレコキシブの適応----関節リウマチ・変形性関節症・腰痛症・肩関節周囲炎・腱腱鞘炎、手術後や抜歯後の消炎鎮痛など。
※消化性潰瘍のある方には、投与禁忌です。

お薬・・・(お薬って胃が荒れる) | permalink | comments(0) | - | -