健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

5%グルコン酸クロルヘキシジン液の希釈方法について・・

   
病院でよく見かける、ピンク色の消毒液のことです うさぎ

5%ヒビテン液グルコン酸クロルヘキシジン液、マスキン液)といいます。
外皮用殺菌消毒液です。
効能・効果と用法・用量は・・・(添付文章より〜)    
効能・効果 用法・用量 本剤希釈倍数
手指・皮膚 0.1〜0.5%水溶液 10〜50
医療機器の消毒・
手術部位の皮膚
0.1〜0.5%水溶液
0.5%エタノール溶液
10〜50
皮膚の創傷部位(調整
 後に滅菌処理する)・
病室・家具・器具
0.05%水溶液 100倍


※本剤の希釈には、生理食塩水を使わずに、精製水を使用すること。
※本剤は、無菌製剤ではない。
※希釈水溶液は、微生物汚染を受けやすいので、調整後は直ちに使用すること。

医療器械・手指や皮膚の消毒に使用する場合は、0.1〜0.5%水溶液であるので、
希釈倍数は、10〜50倍である。


アセトアミノフェン 必要全量を500mlとした場合・・・
0.5%溶液を作るには、必要全量×調整濃度%÷元の濃度%
=500ml×0.5%÷5%=50ml
★0.1%溶液を作るには、必要全量×調整濃度%÷元の濃度%
=5ooml×0.1%÷5%=10ml
※界面活性剤入りのため、洗浄力・殺菌力がアップしていて、手指の洗浄と消毒も同時にできます。


※添加物として・・・界面活性剤(ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール)、
発泡剤(ラウリルジメチルアミンオキシド液・ラウリン酸ジエタノールアミド)、
湿潤剤(マクロゴール)、
溶剤(エタノール)、着色剤(赤色102号)。
 

消毒液・・・(5%グルコン酸クロルヘキシジン液) | permalink | comments(0) | - | -

医療機器の消毒・手指や皮膚の消毒に5%グルコン酸クロルヘキシジン液

   
5%グルコン酸クロルヘキシジン液の使い方・使用方法について
◇病院でよく見かける、ピンク色の消毒液です。
〜「本剤に添付の薬剤情報より」〜
赤色澄明の液で、ニオイはない。
pH 5.5〜7.0
5%グルコン酸クロルヘキシジン液は、適切な濃度に希釈して、使用すること。

用法・容量------------------------


うさぎ 手指・皮膚・手術部位・医療機器の消毒(0.1〜0.5%水溶液)
必要な消毒液の量(ml)=必要な調整量(ml)×(必要な濃度%÷元の濃度%)
0.1%水溶液を、500ml 作る場合は、500×(0.1÷5)=10(ml)
 ※5%グルコン酸クロルヘキシジン液 10ml + 水 490ml 
0.5%水溶液を、500ml 作る場合は、500×(0.5÷5)=50(ml)
 ※5%グルコン酸クロルヘキシジン液 50ml + 水 450ml
 

クマ 医療機器の消毒(0.5%エタノール溶液)
0.5%エタノール溶液を、500ml作る場合は、500×(0.5÷5)=50(ml)
 ※5%グルコン酸クロルヘキシジン液 50ml + 消毒用エタノール 450ml 
  
注意点---------------------------
1.ショック等の反応を予測するため、クロルヘキシジン製剤に過敏症の既往歴の確認。
2.必ず、希釈し、適切な濃度で使用すること。
3.創傷部位に使用する場合は、希釈後に、滅菌処理をすること。
4.産婦人科用・泌尿器科用には、使用しないこと。
   
副作用---------------------------
1. 
ショック:悪心・不快感・冷汗・眩暈・胸内苦悶・呼吸困難・発赤が現れたら、使用を中止。
  ※血清中に、クロルヘキシジンに特異的なIgE抗体が検出されたという報告がある。
2.発疹・蕁麻疹

適応上の注意--------------------
1.
目に入らないようにすること。目に入ったら、水洗すること。
2.粘膜面に接触する可能性のある器具を消毒した場合は、滅菌精製水でよく水洗した後に、使用すること。
3.
本剤で消毒したカテーテルを、透析時に用いると、透析液の成分により、難溶性の塩を生成することがあるため、消毒後も滅菌精製水で洗い流してから、使用すること。
4.手術部位の皮膚消毒にエタノール溶液を使用する場合は、処置の前に乾燥させておくこと。

取り扱い上の注意----------------
1.
誤飲した場合には、牛乳・生卵・ゼラチン等を用いて、胃洗浄を行う。
2.血清・膿汁などは、殺菌作用を減弱させるので、洗い流してから使用する。
3.石鹸分は、殺菌作用を弱めるので、洗い落としてから使用する。
4.綿球・ガーゼは、本剤を吸着するので、有効濃度以下にならないようにする。
5.常水や生理食塩水で調整すると、難溶性の塩を形成するので、精製水を使用すること。
6.手洗い用の希釈液は、毎日交換すること。
7.高圧蒸気滅菌を行う場合は、115℃30分、121℃20分・126℃15分で、滅菌処理できる。
8.容器は、常に清浄なものを。
9.本剤の希釈水溶液を長時間、綿球などに使用する場合は、微生物汚染の予防のために、
アルコールで希釈する。エタノール7vol%以上になるように。
10.器具の保存に使用する場合は、腐食を防止するために、高濃度希釈液0.3%以上を使用。アルコールを添加することが、望ましい。
11.本剤含有の界面活性剤は、希釈した場合でも、接着剤を侵すことがあるので、接着剤を使用したガラス器具の長期保存には使用しないこと。
12.本剤の付着した白布を、次亜塩素酸ナトリウム等の塩素系漂白剤を使用すると、シミができるため、酸素系漂白剤が適当である。
    
消毒液・・・(5%グルコン酸クロルヘキシジン液) | permalink | comments(0) | - | -