健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

子どもの病気・・・ヘルパンギーナって、どんな病気?・・・

   
ヘルパンギーナは、いわゆる夏風邪と言われているものの一種です。

小児に多く発症し、突然の、40℃近い発熱・口腔粘膜の発赤・水疱などの症状を呈す 急性ウイルス性咽頭炎です。ネコ

原因となるウイルスとしては、エンテロウイルス属のA群コクサッキーウイルスの感染によるものが多く、その他、B群コクサッキーウイルス・エコーウイルスなどがあります。。
2〜5日程度の潜伏期間ののちに、発症します。
発症するのは、5才以下の子どもがほとんどです。
接触感染・飛沫感染などにより、感染します。
ウイルス種が複数あるため、何度も感染することがあります!

大人もウイルス感染する危険性はありますが、抵抗力があり、免疫力があれば、発症せずに 不顕性感染で終わる場合もあります。不顕性感染とは、病原ウイルスに感染しているにもかかわらず、症状を発症しない状態のことです。
症状は、突然の発熱(38℃以上)・咽頭粘膜や口蓋垂(のどちんこ)周辺の発赤・小水疱などです。
嘔吐や頭痛などがあれば、無菌性髄膜炎や急性心筋炎などの合併症を疑います。

★治療は、ウイルスをやっつける薬はないため、症状をやわらげる対症療法となります。
発熱や痛みにたいしては、解熱鎮痛剤、アセトアミノフェンなどが処方されます。
解熱鎮痛剤をむやみに使って、体温を下げると、かえって病気の治りを遅らせてしまいます。
カラダの免疫の力が、体温を上げることによって、ウイルスをやっつけようとしているからです
ライト
発熱は2〜3日、口腔内の水疱は、1週間ほどでなおっていきます。

★ヘルパンギーナは、学校保健法では、出席停止の扱いとはなりません。
急性期から回復しても、1か月ほど長期にわたって、ウイルスが排泄物中に排泄され続けます。
そのため、二次感染に対する予防が必要となります。
熱が下がり、食欲がでてきましたら、登園・登校は可能です。
医師と相談をされるのがよいでしょう。
感染症・・・(ヘルパンギーナ) | permalink | comments(0) | - | -