健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

身体障害者福祉法による聴覚障害の等級について・・・

   
等級 聴覚障害の判定基準 程度
1級 ----(聴力障害単独での、1級はありません)-----------------
2級 両耳の聴力レベルが、100dB以上(両耳全ろう)
         (dB:音の強さをあらわす単位)
重度orろう
3級 両耳の聴力レベルが、90dB以上
(耳介に接しなければ、大声語を理解し得ないもの)
高度難聴
4級 両耳の聴力レベルが、80dB以上のもの
(耳介に接しなければ、話声語を理解し得ないもの)
⇔昭による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの
5級 ------------------------------------------------------------------
6級 両耳の聴力レベルが、70dB以上のもの
(40cm以上の距離で発声された会話語を、理解し得ない)
一側耳の聴力レベルが90dB以上、他側耳の聴力レベルが50dB以上のもの
(身体障害者福祉法施行規則別表第五号「身体障害者障害程度等級表」より)

耳鼻咽喉科にて、標準純音聴力検査という聴力測定の検査を受けていただきます。
聴覚障害に関しましては、1級と5級は、ありません。
聴覚障害の6級に該当しましたら、身体障害者手帳の交付が受けられます。
詳しいことは、お住まいの市町村の福祉科 窓口などに、ご相談くださいね。

聴力レベルが、70dB、または70dB以上で、聴覚障害の6級に認定されます。
あるいは、片方の聴力が、90dB以上で、他方の聴力レベルが、50dB以上の場合にも、6級となりますはな

聴力検査の結果、聴力レベルが、65dBでは、日常生活に不便を感じている場合でも、6級には、該当しないということになります。
今の法律では、6級以上の高度難聴者には、身体障害者手帳が交付され、補聴器購入の給付の申請をすれば、一部負担金のみで、補装具購入の給付を受けられます。
もっとも、会議や講演など、社会生活の上で必要な場合や、本人が日常生活に不便を感じておられる場合は、この限りではありません。

補聴器の種類などに関しては、認定補聴器専門店の認定補聴器技能者という補聴器のプロの方がおられますので、買う買わないは別として、ご相談ください。ひよこ
 
補聴器・・・(聴覚障害の等級) | permalink | comments(0) | - | -