健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

アナフィラキシーショックの基本的な治療

   

パンダ アナフィラキシーとは・・・

アレルゲンの侵入により、複数臓器に急速に、全身性にアレルギー症状が起こり、死に至る危険がある、即時型の過敏反応をいいます。そして、血圧低下や循環障害、意識障害を伴う場合を、アナフィラキシーショックといいます。

ネコ 診断基準は、以下の3つのいずれかを満たした場合、を、アナフィラキシーと診断します。

診断基準“乕羮評(発疹、搔痒または紅潮)、粘膜症状(口唇・舌・口蓋垂のはれ)などが、急速(数分〜数時間以内)に発現し、呼吸器症状(呼吸困難・気道狭窄・喘鳴)、循環器症状(血圧低下・意識障害)のいずれか1症状を伴うもの。

診断基準アレルゲンの誘因となる物質への曝露​の後、急速に(数分〜数時間以内)発現する皮膚症状(発疹、搔痒または紅潮)・粘膜症状(口唇・舌・口蓋垂のはれ)、呼吸器症状(呼吸困難・気道狭窄・喘鳴)、循環器症状(血圧低下・意識障害)、消化器症状(嘔吐、腹痛、下痢)のうち、2症状を伴うもの。

診断基準アレルゲンとなるものへの曝露​の後、急速な(数分〜数時間以内)血圧低下(全年齢で平常時血圧の70%未満)、または、下記 11才〜成人・・・<90mmHg、の場合、アナフィラキシーと診断します。

ウサギ 原因・・・
多いのは、食物、虫刺傷、薬剤、その他は原因不明のこともあります。発症前4〜6時間以内に摂取した食物、薬剤、虫刺傷の病歴。急性期を過ぎた後日に、アレルゲンの同定検査として、アレルゲン特異的IgE抗体(抗原特異的血清IgE測定)・皮膚テストなどを行います。

※医薬品(治療用アレルゲンを含む)などに対する、急性の過敏反応。(投与後、5〜30分以内に 死に至りうる全身の過敏反応)
急速に悪化する致命的な気道・呼吸・循環の異常で、通常は皮膚と粘膜変化を伴います。
βラクタム系抗菌薬(ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系)が、最多であるが、ニューキノロン系の報告もあります。
解熱鎮痛薬(NSAIDs)、局所麻酔薬、筋弛緩薬、造影剤、輸血など。
天然ラテックス(ゴムアレルギー)。
ハチ毒過敏症状(ハチ毒特異的IgE抗体陽性)
※食物(ピーナッツ、ナッツ類、魚介類、牛乳、鶏卵、乳製品、、ごま、小麦、ソバなど)特異的IgE抗体、などあります。

ゾウ 治療・初期対応・・・
.丱ぅ織襯汽ぅ鵑粒稜А循環、気道、呼吸、意識状態、皮膚、体重を評価する。原則は、仰臥位にし、30cm程度 下肢を高くする。

原因の停止、除去・・・原因薬剤の中止。虫では針の除去。

酸素投与・・・酸素療法。フェイスマスクか経鼻エアウェイで、高流量(6〜8ℓ/分)の酸素投与を行うこと。

ぅ▲疋譽淵螢鵑龍敍注射・・・すみやかに、大腿前外側部(大腿近位1/3、前外側を推奨)への、アドレナリン(ボスミン)0.3mg筋注 0.01mg/kgショックの場合は0.3mlを筋注、最大量:成人0.5mgまで、小児0.3mgまで)。必要に応じて、5〜15分ごとに再投与する。(22G針がよいでしょう。)

※アドレナリン(血管収縮作用、強心作用、気管支拡張作用など)血中濃度は、筋注後8〜10分程度で、最高になり、40分程度で半減する。筋肉注射の方が、早くアドレナリン血中濃度の上昇が得られます。

ネ液・静脈ルートの確保・・・ショック時は、生食を急速に点滴輸液を行います。(血圧上昇、循環血液量の確保)必要に応じて、0.9%生理食塩水を、5〜10分間の間に、成人なら5〜10ml/kg、小児なら10ml/kg投与する。

※遅発性の反応防止のために、ステロイド注射液が使用されることがありますが、コハク酸エステル型のステロイド注射液(サクシゾン、ソルメドロールなど)(アレルギーのある患者には使わないこと)は、アレルギー反応を誘発する場合があるので、注意が必要です。(コハク酸により、喘息が悪化する場合があります。)

心肺蘇生・・・胸部圧迫法

Д丱ぅ織訛定・・・血圧、脈拍、呼吸の状態など。

※症状がぶりかえす場合があるため、原則は入院して、経過観察です。

クマ アナフィラキシーの症状に類似する疾患として・・・

喘息発作、失神、不安発作、パニック発作、食中毒、カルチノイド症候群、過換気、心身症、非アレルギー性血管浮腫などあり。

-----アナフィラキシーガイドライン – 日本アレルギー学会

舌下免疫療法 | permalink | comments(0) | - | -

シダトレン舌下液の使用方法・手順は・・・?

   
シダトレンは、スギ花粉を原料とするエキスで、少量から舌下して、服用することで、カラダを慣らして、アレルギー反応を和らげようとするものです。

1日に1回、1週目は青色ボトルを、2週目は白色ボトルを、決められた滴数 舌下して、服用します。1日目〜

初回は、診察時、医師の指導のもとで、舌下 服用して、翌日からは、患者さまが、ご自宅で管理服用していくことになります。

ディスペンサー組み立て

…敢淕局から、シダトレンを購入してきましたら、医師の指導のもとで、まず、ボトルとディスペンサーを組み立てます。
初回は、ティッシュなどに 空吹き(5プッシュ)して、薬液が確実に出ることを、確認してください。

増量期

⊆,法⊇蕾鵑蓮1 滴ですので、青色ボトル(200JAU/ml)1日目〜の方を、舌下に 1プッシュ(0.2ml)して、2分間 飲み込まずに、そのまま保持します。2分
2分後に、そのまま のみこみます。
い修慮紊蓮5 分間は、うがいや飲食はしないようにします。5分

初回、30分間は、副反応を確認するために、医師と連絡がとれるように、してください。
※毎回、服用前後の2 時間は、激しい運動やアルコールの摂取、入浴などは、しないようにします。
※2日目以降からは、決められた用量を、毎日、ご自宅で、滴下していきます。

2週目は、白色ボトル(2000JAU/ml)8日目〜です。
※1日1回、決められた滴数を、滴下します。

α量期の終了後、次のステップに入ります。
3週目以降は、維持期のシダトレン スギ花粉舌下液2000JAU/mlパックの全量 1mlを1日に1回、舌下に滴下し、2分間 保持して、のみ込みます。(服用方法は、同じです。)

維持期
        「監修:日本医科大学大学院医学研究科
         頭頸部・感覚器科学分野 教授 大久保 公裕先生」
            「シダトレンを服用される患者さんへ」より


О飮期は、シダトレン スギ花粉舌下液2000JAU/mlパックの全量(1ml)を、3年以上(3年〜5年)毎日、舌下し続けることが、推奨されています。
これが、なかなか、たいへんのようですょ

がんばって・・・ガンバル
舌下免疫療法 | permalink | comments(0) | - | -

シダトレンの舌下免疫療法をご希望の方へ・・・

   

舌下免疫療法には、鳥居薬品のシダトレンというスギ花粉舌下液を使います。花粉
対象は、スギ花粉にアレルギーのある スギ花粉症の成人の方で、舌下免疫療法を希望される方。
スギ特異的IGE検査で、陽性のかた。
日本では、12才以上の小児の方なら、受けられます。

受診の前に、次の内容をご確認くださいね・・・

治療を受ける前の心構え
            「監修:日本医科大学大学院医学研究科
                頭頸部・感覚器科学分野 教授 大久保 公裕先生」より


患者様の状態によっては、、シダトレンによる治療を受けられない場合があります・・・困った

原因アレルゲンが、スギ花粉ではない方
「シダトレン」により、ショックを起こしたことがある
重症の気管支喘息の方、喘息発作を起こしている時。(シダトレンが、喘息発作を誘発するおそれがあるためです。)
悪性腫瘍や免疫系に異常がある場合(自己免疫疾患、免疫不全症)など、本剤の有効性や安全性に影響を与えるおそれがあるためです。
急性感染症に罹患している時
抜歯後など、口腔内にキズや炎症がある場合、などです。

また、治療に際して、注意が必要な患者さまとして・・・

本剤の投与やアレルゲンエキス・スギ花粉を含む食品の摂取により、アレルギー症状を起こしたことがある方(シダトレンにより、アレルギー反応に基づく副作用をおこすおそれがあるためです。)
気管支喘息患者 喘息
高齢者(65才以上の高齢者に対する使用経験がなく、一般的に高齢者では、免疫機能や生理機能が低下しているため、十分な治療効果が得られない可能性があることや副作用が重篤になるおそれがあるためです。)
妊婦・産婦・授乳婦(妊婦または、妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回る場合にのみ、投与することになっています。また、授乳中は、投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合は、授乳を避けさせる。)
非選択性β遮断薬(インデラル・セロケン・テノーミン・アーチストなど)を服用している方(β遮断薬は、心臓の心拍数を減らし、血圧を下げ、心不全の悪化を防ぐお薬です。気管を狭くする作用があるので、喘息を悪化させることがあります。)(高血圧・不整脈)
全身性ステロイド薬をのんでいる患者さま(ステロイド薬の作用により、免疫系が抑制されるため、十分な効果が得られない可能性があります。)
スギ花粉以外のアレルゲンに対しても、アレルギーがあるスギ花粉症患者の場合(ハウスダスト・ダニ・カビなどに対する特異的IGE抗体値が、高い場合、有効性や安全性は確立していません。)   

詳しくは、舌下免疫療法について、解説してあるホームページ、
トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ」を、ご覧ください。

舌下免疫療法 | permalink | comments(0) | - | -