健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

次亜塩素酸ナトリウムによる消毒方法

   

次亜塩素酸ナトリウムによる消毒は、芽胞菌を除く細菌からヒト免疫不全ウイルス・B型肝炎ウイルスなどのウイルスまで、幅広い効果があります。
ヒト以外器械・器具、環境、リネン、血液、汚物などに、使用可能です。

強アルカリ性です。
血液や膿汁などの有機物を、取り除いてから、消毒すること。
独特な臭気を有し、酸化作用、漂白作用、殺菌作用があります。
残留性がほとんどないという点から、哺乳瓶の消毒にも使用可能です 牛乳

しかし、金属を腐食させますので、医療器械の消毒は、プラスチック製品に限られます。
その他、光学機器・鏡器具・塗装カテーテル類には、長時間浸漬しないこと。
原液濃度は、安定性が悪いため、冷所保存にします。

ミルトンの場合   原液1% (10,000ppm)
ハイターの場合   原液5% (50,000ppm)

ppm(パーツ・パー・ミリオン)という単位は、100万分のいくらであるかという割合を示す単位です。
主に濃度を表す時に使用されます。(例)0.1%は、1000ppmと同じです。



□結核菌には、0.1%(1000ppm)以上の濃度で、有効です。
□B型肝炎ウイルス(血液に汚染された器具)には、1%(10000ppm)の次亜塩素酸ナトリウム液が、有効です。

□汚染された吐物・床・便器・・・0.1%(1000ppm)次亜塩素酸ナトリウム液。
□おもちゃ・手すり・調理器具・食器などのつけおき消毒・・・0.02%(200ppm)次亜塩素酸ナトリウム液。

消毒液・・・(次亜塩素酸ナトリウム) | permalink | comments(0) | - | -

次亜塩素酸ナトリウムを使った消毒液の作り方です

   

吐物・汚染された場所(床)・・・0.1%次亜塩素酸ナトリウム液(希釈します)原液 → 塩素濃度5%「ハイター」・「ブリーチ」などを、使用します。

☆必要な原液量(ml)=希釈濃度(%)÷原液濃度(%)×調剤薬液の全量(ml)
 にあてはめます。

例)
  水500mlに対しては、0.1÷5×500=10
  (ハイター原液は、10ml必要です。ペットボトルのキャップ 2杯)
例)
  水1000mlに対しては、0.1÷5×1000=20
  (ハイター原液は、20ml必要です。)
    sodium-hypochlorite.jpg

おもちゃ・衣類・プラスチック製コップ・哺乳瓶や食器類のつけおき消毒---30〜60分
   0.02%(200ppm)次亜塩素酸ナトリウム液(希釈します)


原液1%「ミルトン」などを、使用します。
雑貨品のハイターに比べて、ミルトンは、医薬品で、特異な塩素臭が少ないからです。

pH=11

☆必要な原液量(ml)=希釈濃度(%)÷原液濃度(%)×調整薬液の全量(ml)
 にあてはめます。

例)水500mlに対しては、0.02%÷1×500ml=10
  (ミルトン原液10ml必要です)

例)水1000mlに対しては、0.02%÷1×1000ml=20
  (ミルトン原液20ml必要です)

注意:塩素系消毒液は、金属にサビをおこす作用があります。
拭き取る部分の材質が、金属の場合は、10分ほど時間をおいてから、水抜きしてください。

洗浄効果はありません 
ネコ

界面活性剤が、配合されていないので、すすぐ必要はありません。
調理器具などは、洗剤で洗ってから、消毒しましょう。
食べ物の残りなどが、付着していると、消毒効果が低下します。

希釈した消毒液は、時間の経過とともに、効果が減少していきますので、作り置きは適しません。

消毒液・・・(次亜塩素酸ナトリウム) | permalink | comments(0) | - | -