健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

子どもが溶連菌感染症って、診断されました。親も検査をした方が、いいでしょうかぁ・・・

   

15才までの、小児に多い疾患です。
家族に感染者があった場合でも、症状がでていなければ、検査をする意味は、ないと考えられます。
予防的に、抗菌薬を内服することも 一般的にはありません。
症状が出た場合には、すぐに受診するようにしましょう
うずまき

-----------------------------------------
「溶連菌」といわれているのは、「A群β溶血性連鎖球菌」の感染症のことです。
日本では、4〜5種類あるといわれていますので、複数回 感染する可能性はあります。
どういう経路で感染するのかというと、くしゃみなど細菌を含んだ唾液の飛沫を吸い込んで飛沫感染、口から入って経口感染すると考えられていて、学童期の子どもさんに、感染発症することが多いです。

兄弟姉妹がいれば、そちらに感染する可能性もあります。
もちろん 親の方も感染する可能性はありますが、親の場合は、もうすでに、抗体をもっていて、感染しても、発症していないという、健康保菌者という場合もあります  葉っぱ

学校保健法では、第三種の伝染病に指定されています。
出席停止の期間の基準としては、「医師において、伝染のおそれがないと、認めるまで」と、なっています。
※抗生剤治療開始後24時間を経て全身状態がよければ登校可能、長くても初診日と翌日を出席停止にすればよい 。 

症状としては、2〜5日の潜伏期のあと、急な発熱と咽頭痛、咽頭発赤・頚部リンパ節炎、軟口蓋の小点状出血・イチゴ舌などが認められます。
通常、熱は3〜5日ほどで下がり、たいていは、治療をしていれば1週間ほどで症状は、落ち着いていきます。

合併症として、膿痂疹、蜂巣織炎、猩紅熱  (発赤毒素により皮膚に赤く細かい発疹が出る)、中耳炎、肺炎、化膿性関節炎、骨髄炎、髄膜炎、さらにリウマチ熱や急性糸球体腎炎を起こすことが知られています。

治療に使用されるのは、ペニシリン系の抗生物質です。
アレルギーのある方の場合では、エリスロマイシン・第一世代のセフェム系、その他に
クリンダマイシン、アモキシシリン/クラブラン酸、あるいは第2世代以降のセフェム剤も使用されるようです。

溶連菌に感染した場合は、解熱後に合併症を併発する危険があるために、いったん症状が落ち着いたとしても、治療を中断せずに、支持された抗生剤はきちんと、飲みきるようにしましょう
葉

感染の予防策としては、濃厚な接触を避けること、一般的ですが、手洗い・うがい・マスクの装用など、やはりかかせません。
最近では、抗原を検出する診断キットを使い、早期に診断が可能となっています 花    

感染症・・・(溶連菌感染症) | permalink | comments(0) | - | -