健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!

急性咽頭喉頭炎って、どんな病気でしょう ?

   

咽頭炎とは、咽頭に起こった炎症のことです。
喉頭炎とは、喉頭(のど)の粘膜に生じる急性の炎症のことです。
鼻炎、副鼻腔炎を合併することが多いです。

咽頭には、咽頭扁桃 (鼻の奥にあるアデノイドのこと)、口蓋扁桃 (口蓋垂の両側にある)、口蓋垂(のどちんこ)、その他に、耳管扁桃、舌根扁桃などがあります。

口蓋扁桃に、強い炎症がおこったものを、扁桃炎(通常は、両側)といいます。

口蓋扁桃の周囲にまで、強い炎症がおよび、唾液を飲み込むことが、できないほどの強い嚥下痛、開口障害などが起こるものを、扁桃周囲膿瘍 といいます。(片側に起こることが、多いです)

鼻炎、副鼻腔炎を合併することが多いです。

咽頭の発赤と水ぶくれ等があれば、ヘルパンギーナとよばれます。

強い咽頭の発赤、全身症状、発疹等があれば、溶連菌感染症が疑われます。

喉頭蓋(気管に食べ物・水分が入らないように、蓋をするように 働いているもの)に炎症が生じたものは、喉頭蓋炎(喉頭に浮腫が起こり、危険) と、いいます。

声帯に炎症が起こったものは、声帯炎といいます。

ハナ原因は、主に風邪のウイルスのことが多いですが、細菌感染による場合もあります。

感染経路は、飛沫感染、接触感染等です。

アデノウイルス、インフルエンザウイルス、コクサッキーウイルス、RSウイルスなど、ウイルスが原因の場合もあります。

また、A群 β溶血性連鎖球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などの、細菌感染が原因の場合もあります。

また、特殊なものとして、クラミジア、梅毒トレポネーマ、結核菌、ジフテリア菌などによる場合もあります。

ハナ症状は、のどの痛みや嚥下痛(食べ物を飲み込むときの痛み)。
37〜39℃の発熱、カラダの倦怠感。
鼻水がのどの奥に流れ込み、痰となって せき込みが起こることがあります。
その他、頭痛や頸のリンパがはれて、さわってみると、ふれることがあります。
のどの違和感・異物感を感じることがあります。
咳や声がれなどが出ます。

ハナ検査については、間接喉頭鏡検査(口の中に、小さな鏡を入れて、光源を反射させて、直接 喉頭を観察するもの)、喉頭ファイバースコープ検査 (柔軟性のある細いファイバーを、鼻腔から挿入して、喉頭を観察するもの)などで、診断をします。

hana治療は、抗生物質、解熱鎮痛剤、(咳止め、去痰剤)の内服、そしてうがい(回数を守ること)です。

水分の補給、少量ずつ頻回に摂取しましょう。

のどの乾燥を防ぐために、部屋の加湿に努めましょう。湿度は、60〜70%程度に保ちましょう。
(エアコン・電気毛布は、鼻やのどを乾燥させますので、加湿対策をとりましょう)

アルコールやたばこはのどに刺激をあたえるため、控えましょう。

感染症・・・(急性咽頭喉頭炎) | permalink | comments(0) | - | -