健康blog| iroiropage |☆PIYOKKO 

ご訪問ありがとうございます。ナースのぉ勉強Blogです よろしくね!
<< 帯状疱疹って、どんな病気ですか | main | フェロステック錠50mgのお薬情報について >>

タスモリン1mgのお薬情報について

   

タスモリン錠1mgのお薬情報について・・・ビペリデン塩酸塩(アキネトン錠)

ウサギ 抗パーキンソン剤です。手のふるえや体のこわばりなどの初期症状に向きます。安定剤などのある種の薬剤をのんでいると、手のふるえや体のつっぱり感などパーキンソン病のような薬剤性パーキンソニズムの治療などにもつかわれます。

禁忌
緑内障のある人(眼圧が亢進)、重症筋無力症の患者は、抗コリン作用により、症状が悪化するため、禁忌です。前立腺肥大のある人。

効能、効果

仝精神薬投与によるパーキンソニズム・ジスキネジア(口、手足が勝手に動く)・アカシジア(足がむずむずする)の治療や予防。
特発性パーキンソニズム (パーキンソン病)
その他のパーキンソニズム(脳炎後,動脈硬化性,中毒性)

効能・効果に関連する使用上の注意

抗パーキンソン剤はフェノチアジン系薬剤(古くからある統合失調症薬、ヒルナミンなど),ブチロフェノン系薬剤(統合失調症薬、古い第一世代、定型),レセルピン誘導体等による口周部等の不随意運動(遅発性ジスキネジア)を通常軽減しない。場合によってはこのような症状を増悪,顕性化させることがある。

用法・用量

ネコ ビペリデン塩酸塩として,通常成人1回1mg1日2回よりはじめ,その後漸増し,1日3〜6mgを分割経口投与する。
なお,年齢・症状により適宜増減する。

慎重投与

前立腺肥大等尿路に閉塞性疾患のある患者〔排尿障害が発現又は悪化することがある。〕
胃腸管に閉塞性疾患のある患者〔腸管麻痺が発現又は悪化するおそれがある。〕
不整脈又は頻拍傾向のある患者〔不整脈等の循環器系の副作用を起こすおそれがある。〕
肝又は腎障害のある患者〔代謝・排泄機能が低下しているため,副作用が起こりやすい。〕
高齢者
てんかんの患者〔発作の誘因となるおそれがある。〕
高温環境にある者〔発汗抑制が起こりやすい。〕
動脈硬化性パーキンソン症候群の患者〔精神神経系の副作用が起こりやすい。〕
脱水・栄養不良状態等を伴う身体的疲弊のある患者〔Syndrome malin(悪性症候群)が起こりやすい。〕

重要な基本的注意

1.本剤の投与は,少量から開始し,観察を十分に行い慎重に維持量まで増量すること。また,他剤から本剤に切りかえる場合には,他剤を徐々に減量しながら,本剤を増量するのが原則である。

2.本剤投与中は定期的に隅角検査及び眼圧検査を行うことが望ましい。

3.本剤の大量投与により,パーキンソン症状の増悪がみられることがあるので,このような場合には減量する等適切な処置を行うこと。

4.眠気,調節障害及び注意力・集中力・反射機能等の低下が起こることがあるので,本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。 くるま

相互作用・併用注意

1.抗コリン作用を有する薬剤

 〇梓跳蝋海Δ頂沺(トフラニール・アモキサンなど)古い抗うつ剤
 フェノチアジン系薬剤(定型(従来型)抗精神病薬)(ヒルナミン=レボトミン)
 ブチロフェノン系薬剤(定型(従来型)抗精神病薬)(セレネースなど)

 ※腸管麻痺(食欲不振, 悪心・嘔吐,著しい便秘,腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等)を来し,麻痺性イレウスに移行することがあるので,腸管麻痺があらわれた場合には投与を中止すること。なお,この悪心・嘔吐はフェノチアジン系薬剤等の制吐作用により不顕性化することもあるので,注意すること。

2.中枢神経抑制剤
.丱襯咼帖璽觧斥尭蛎痢淵丱襯咼拭璽襦かつて、使用されていた睡眠剤
▲侫Д離船▲献鷏鰐剤 (定型(従来型)抗精神病薬)(ヒルナミン=レボトミン)
三環系抗うつ剤 (トフラニール・アモキサンなど)古い抗うつ剤
ぅ皀離▲潺鵝MAO)(ドーパミンやアドレナリンのこと)酸化酵素阻害剤 (セレギリン塩酸塩)

 ※MAO阻害剤を服用している人は、以下のものを食べたり飲んだりしてはいけない。
チーズ・ワイン・ビール・コーヒー・レバー・レーズン・酵母製剤 イースト菌

3.他の抗パーキンソン剤(レボドパ パーキンソニズム治療剤,アマンタジン パーキンソン症候群治療剤,ブロモクリプチン 抗パーキンソン病薬等)

 ※幻覚,妄想等の精神神経系の副作用が増強することがある。

重大な副作用

Syndrome malin (悪性症候群)(頻度不明)

抗精神病薬,抗うつ剤及びドパミン作動系抗パーキンソン剤との併用において,本剤及び併用薬の減量又は中止により,発熱,無動緘黙,意識障害,強度の筋強剛,不随意運動,嚥下困難,頻脈,血圧の変動,発汗等があらわれることがある。このような症状があらわれた場合には,体冷却,水分補給等の全身管理及び本剤の投与量を一旦もとに戻した後慎重に漸減するなどの適切な処置を行うこと。

依存性(頻度不明)

本剤により気分高揚等が発現したとする報告があり,依存形成につながるおそれがあるので,観察を十分に行い,慎重に投与すること。

その他の副作用

※精神神経系(幻覚,せん妄,精神錯乱,不安,嗜眠,記憶障害)、消化器(口渇,悪心,嘔吐,食欲不振,胃部不快感,下痢,便秘,口内炎)、泌尿器(排尿困難,尿閉)、過敏症(発疹)、循環器(血圧低下,血圧上昇)、眼(眼の調節障害)、肝臓(肝障害)

その他の副作用の注意

異常が認められた場合には,減量又は休薬するなど適切な処置を行うこと。

-----お薬110番「ハイパー薬事典」より

お薬・・・(お薬情報) | permalink | comments(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする